印刷用ページ
> 矢原金属工業株式会社 金属部品の研磨加工委託生産
金属部品の研磨加工で大手にも実績

矢原金属工業株式会社

金属部品の研磨加工に特化して事業展開している。主に自動機では加工が難しい複雑な形状の水栓金具、ステンレス製の住宅用部品、バイク部品に実績がある。TOTO、合志技研工業など、大手を含め国内に取引先多数。研磨ロボットや自動機生産を積極的に導入しており、作業を効率化するほか、熟練技術の伝承など人材育成にも取り組む。これまで蓄積してきた研磨技術、技能を生かし、自動車、自転車、船舶部品といった分野への本格参入を視野に入れている。

企業の強み

水栓金具の委託生産品は小ロット多品種(約200点)ですが、委託先のご要望に短納期で対応しています。自社仕様の研磨ベルトを駆使し荒仕上げ工程(80番)から上仕上げ工程(800番)まで効率的に加工します。また作業の負荷低減を目的として研磨ロボットの活用や自動機生産の活用を積極的に行っています。熟練技術の伝承、多能工化、QCサークル活動など人材育成にも積極的に取り組み、若い方々の多い活力ある職場です。

事業内容

当社は45年の歴史を持つ金属部品の研磨加工を専門とする会社です。主に水栓金具の銅合金鋳物本体など自動機では加工の難しい3次元の複雑な形状を熟練の技で表面仕上げします。ステンレス製の住宅用部品のヘアライン加工、バイク部品の鏡面仕上げなど実績が多数あります。この他にも設備部品の鏡面研磨加工を行っています。水栓金具業界トップの一部上場企業様と取引しており、品質は世界最高レベルと自負しています。これまでの豊富な経験と弛まぬ研鑽により高品質、短納期のサービスをご提供いたします。

代表者メッセージ 代表取締役 矢野 恒太

円高の影響による海外転注化が進み、国内で研磨工程の委託生産をする業者が衰退していく中で、当社は熟練の技に磨きをかけ高品質、短納期を強みに生き残ってきました。研磨委託メーカーとして50人以上の規模を有し、若手の研磨工も育っています。この強みを生かし、ジェグテックを積極的に活用することで新規分野の開拓を進めていきたく思います。

販路開拓・海外展開に向けた社内体制

今後は水栓金具以外の研磨加工委託生産で売り上げを拡大したいと思っています。研磨工程の能力アップを図るため、今年新規社員を7人採用し人材育成を行っています。銅合金製品の上質研磨仕上げ、ステンレス製品のヘアライン仕上げや鏡面仕上げの技術に加え新たな素材に対しても挑戦していきたいと思っています。

会社情報

企業名 矢原金属工業株式会社 (ヤハラキンゾクコウギョウ カブシキガイシャ)
代表者氏名 代表取締役   矢野 恒太
本社所在地 〒870-0303    大分県 大分市 大字里2100-37
電話番号 097-592-1219
設立年月日 1971年
資本金 1000万円
従業員数 51人
ホームページURL http://yahara-metal.jp/