印刷用ページ フジック釣具工業株式会社
> フジック釣具工業株式会社 釣り針製造販売・卸
粘りと強度、鋭い針先を持つ鋼の釣り針を生産

フジック釣具工業株式会社

釣り針の製造・販売・卸業。釣り針の成型、熱処理から化学研磨、塗装、特殊コーティングなどの表面処理、物流まで一貫して手がける。いち早く鉄針から鋼針の研究に取り組み、業界初の鋼針生産に成功。その技術をもとに焼入れ・研磨技術にも優れ、他社にない粘りと強度を保ち、鋭い針先を持つ鋼針の生産を実現。とくに石鯛針は全国でも製造できる企業が少なく、高い技術を持つ。加工面でもケイムラ塗装をいち早く採り入れ、その品質にも定評がある。航空技術により、バラつきのない安定した品質を保つ釣針の自動生産機も自社開発した。

企業の強み

当社はいち早く鉄針から鋼針の研究に取り組み、業界初の鋼針生産を成功した技術を元に焼入れ技術・研磨技術に突出しており、他社にない粘りと強度を保ち鋭い針先を持つ鋼針の生産を実現。また航空学技術を取り入れた、釣針の自動生産機を自社開発。バラつきのない安定した品質を保つ事が出来ます。

事業内容

釣針の製造・販売・卸を行っています。  成型、熱処理から化学研磨、塗装、特殊コーティングなどの表面処理、物流迄一貫して行っています。石鯛針に於いては、全国的に見ても製造できる企業は数少なく高い技術を有しています。加工面でも、”ケイムラ”塗装をどこよりも早く始め、その品質に於いても定評があります。また、現在も他社にはない新しいコーティングを開発し営業を展開中です。常に新しい事に挑戦し高品質な物作りを心がけ提供をしております。

製品・技術の強み

日本の釣針産業で一番ネックになっているのが分業による納期遅延であり、新しい技術を積極的に取り入れ、より一貫生産に取組み、リードタイムの短縮を目指し国内外シェアの奪還を目指しています。また中国市場に出ることで販路拡大を計画し、まだ手付かずの中東へ進出する予定です。

代表者メッセージ 代表取締役社長 藤本 ヒロミ

Quarty、Cost、Deliveryを我々の三大任務と考え、他社には真似の出来ない技術で既存の製品より性能、品質も向上しており、直接取引をする事で、中間マージンを省き御社のコストダウンに繋がります。また一貫した生産体制で希望納期に対応できます。

販路開拓・海外展開に向けた社内体制

中華人民共和国での展示会や小売店をめぐりメーカー、問屋を中心に営業活動を行っています。新素材を開発中で評価試験を開始、12月量産予定です。

自社の製品・技術一覧

表彰・評価・認可 等

表彰·メディア掲載

兵庫県中小企業団体中央会・社町商工会より表彰。

会社情報

企業名 フジック釣具工業株式会社 (フジックツリグコウギョウ カブシキガイシャ)
代表者氏名 代表取締役社長   藤本 ヒロミ
本社所在地 〒673-1415    兵庫県 加東市 下久米99-1
電話番号 0795-44-1234
設立年月日 1950年
資本金 1000万円
従業員数 8人
主要取引先・実績(国内) ささめ針、シャウト、ハリミツ、ハヤブサ、土肥富他大手メーカーへ製品の供給を行っています。商社を介して台湾、韓国、インドネシア、アメリカへの納入実績はあります。
主要取引先・実績(海外) インドネシア、台湾を中心に商社経由で行っています。