印刷用ページ
> 松本技術コンサルタント株式会社 建設コンサルタント業・測量業
建設コンサルタント、測量で九州地方に実績多数

松本技術コンサルタント株式会社

建設コンサルタント、測量を軸に事業展開している。本社を置く大分県、九州管内一円を中心に、従来型のインフラ整備事業からインフラ維持管理事業や河川環境改善事業まで、さまざまな実績がある。河川環境改善の分野については、既設のコンクリート護岸の緑化工法を確立するなど、技術開発にも余念がない。今後、中小企業基盤整備機構のビジネスマッチングサイト「J-GoodTech(ジェグテック)」も活用しながら、協力・提携先を広げ、販路や提携先の拡大につなげる方針。

企業の強み

当社の事業は公共事業主体でその受注先は官公庁がほとんどで、基本的には経営基盤は安定した状態であると言えます。また、過去の災害普及事業も数多く経験しており、それにより蓄積した技術力は当社の強みとなっています。当社の開発したコンクリート護岸緑化工法は建設コンサルタントとして、河川の環境問題に関する官・学・地域の協議に関わりながら、その要求を打開する為に開発した工法で、今迄の緑化工法とは一線を画した工法となっています。

事業内容

大分県および九州管内一円の公共事業にともなう土木設計や調査を含む建設コンサルタント業、公共測量業、を主体とした事業展開を行っています。近年では、従来型のインフラ整備事業からインフラ維持管理事業や河川環境改善事業にも取り組んでいます。特に河川環境改善の分野においては既設のコンクリート護岸の緑化工法の確立に取り組むなど新しい技術開発を行っています。

代表者メッセージ 代表取締役社長 松本 邦男

この工法は河川の環境改善に効果のある工法のひとつであり、その独自性については現在のところオンリーワンであります。しかしながら、全国でこの環境改善事業を拡げてゆくには、残念ながら当社では力不足です。現時点でも協力を頂ける企業は数社ございますが、さらに協力・提携先を広げるためにも、ジェグテック活用により、販路や提携先の拡大に取り組みたいと考えております。

販路開拓・海外展開に向けた社内体制

この工法はその他の緑化工法と組み合わせた場合にもお互いに良い相乗効果が見つかる可能性があります。そこで、様々な環境工法等と提携しすることで緑化市場の拡大を目的とする取り組みを考えています。また、現在は河川管理者である国・地方団体が顧客の主体ですが、今後は民間が保有する調整池等の環境改善や企業CSR事業対象化による民需開拓にも取り組みたいと考えています。新しい販路開拓には、経営幹部や営業部門が協働して取り組む予定となっています。

表彰・評価・認可 等

表彰·メディア掲載

【表彰実績】
※表彰実績 ・第14回国土技術開発賞 地域貢献技術賞  ・第9回大分県ビジネスグランプリ 優秀賞  ・平成25年度おおいた低炭素杯 審査員特別賞
※メディア掲載実績 RKB,NBC,RKK,OBS,MRT,RBCの局で「世界一の九州がはじまる」にて2013年8月18日に九州地区で放映

会社情報

企業名 松本技術コンサルタント株式会社 (マツモトギジュツコンサルタント カブシキガイシャ)
代表者氏名 代表取締役社長   松本 邦男
本社所在地 〒871-0161    大分県 中津市 大字上池永1285-10
電話番号 0979-23-3636
設立年月日 1976年
資本金 1000万円
従業員数 36人
ホームページURL www.matsugc.co.jp/